FireAlpacaのブラシツールの基本操作解説

alpaca-979232_960_720

こんにちは、こんばんはアルパカーンです

この記事ではブラシツールを使う際に、作業状態や作風に合わせて設定したものをブラシパネルに追加する方法を覚えていきましょう。

少し長い内容なので、がんばっていきましょう。

ペンタブレットの筆圧

FireAlpacaではタブレット使用時の筆圧を、描画線の形(ブラシストローク)に反映することができます。
筆圧の反映は、描画時の線の強弱、濃淡な色彩によって自然なタッチで作品を作ることができます。

筆圧は各画像の項目をチェックすると、実際の線が反映されるので参考にどうぞ。
ブラシ編集の詳細については、記事の下の方に記載されているブラシ編集パネルに詳細があります。

チェック無し=筆圧無しの線
なにもなし

筆圧サイズにチェック=筆圧の反映で強弱がついた状態
強弱

筆圧透明度にチェック=筆圧の反映で濃淡がついた状態 濃淡

強制入り抜きにチェック=筆圧を反映せずに強弱が付きます。マウスで描く人にオススメ?
強制

ブラシサイズ表示

画面上側の[表示]→[ブラシサイズ]を順にクリックすると画像のように、ブラシのサイズが表示されます。

この状態だと、ひと目でブラシの大きさが分かるので、修正/細部の作画に大変便利です。
消しゴムにも反映されるので、作業される際は表示されてる方が効率が上がると思います。ブラシサイズの表示

 ブラシタイプ

ブラシタイプは、ぺンや鉛筆を初め17種類もの様々なタイプがあります。

同じものと思ってしまう。ペンブラシ、鉛筆ブラシも筆跡は下の画像の様に全然違います。

ペンブラシ 鉛筆ブラシ

それぞれの効果、筆跡を覚えて自分の作品の魅力アップに繋げましょう。

17種類のうち、特徴的なものを画像で紹介致します。

エアブラシタイプ

ストロークにボヤかしがかかっています。柔らかなタッチ、なめらかな色に変化する作風にオススメ

エアブラシ

水彩タイプ

水彩画のように、塗った色を下の着色と混ぜながら塗ることができます。
ブラシ編集で色の混ざり具合も設定できます。

水彩

ぼかしタイプ

描画部分をぼかします。
ぼかし具合の強さは設定できます。
ぼかし前ぼかし

その他

個性的なブラシ達です。
左から、FireAlpaca、FireAlpaca2、マーカー、もこもこ、左右対称(V字模様)、回転対称(星?模様)、トゲ、FireAlpaca2(FireAlpacaの設定違い)

ブラシ色々

FireAlpaca(ブラシの名前の方)のブラシ設定を見てみると。
記載感覚や、配布パターンも変更できるので、模様データ(PNGファイル)を1つ作ると簡単にお洒落ブラシが出来そうです。
軌跡を描いて舞う、紋章やカード等一件難しそうな物も簡単にできる可能性があります。

キャンバスに描く。その前に

ブラシを選択する

キャンバスに線画や色を塗る前に、ブラシパネルから用途に応じてブラシタイプを選択します。ブラシを選ぶ

各項目の□はブラシのタイプを表してます。■ペン、■ぼかし■エアブラシ、□消しゴム、■水彩■特殊■画像等があります。

□の横の数字は、ブラシサイズです。内容を把握してスムーズに作業を進めましょう。

ブラシサイズと不透明度

ブラシコントロールパネルはブラシサイズと不透明度を変更、調整できます。
burasisaizu

①、現在選んでいる。ブラシの筆先のプレビュー。
②、ブラシの筆跡(ストローク)の確認。
③、ブラシのサイズ数値
④、不透明度の%確認

以上4点の状態を調整/確認して、使用しましょう。

登録されているブラシのサイズを変更すると、画像のように数字が赤くなります。
(ペンのブラシサイズ初期値は15)
burasi

ブラシツール選択時のツールオプション

スナップ

画面左上のツールオプションに表示されているスナップのタイプが選べます。スナップ

決まった方向の線や放物線を描いたりするのにとても便利です。

手ブレ補正

ペンタブレットで線を引いた際に、手ブレが描いた線に反映されてしまう事があります。
この手ブレを抑えたいときは、下の画像の位置にある。手ブレ

「補正]の数値を設定しましょう。数値が大きければ大きいほど補正が強くなりますが、それと同様に描画処理の速度も遅くなります。

アンチエイリアシング

描画と色の境界を融合して、なめらかに見せる処理をアンチエイリアシングと言います。

処理をしていない線はジャギーと呼ばれるギザギザが出てしまうので、ツールオプション(画面上)にあるアンチエイリアシングにチェックのON/OFFに気をつけましょう。
※漫画原稿を作成る場合はアンチエイリアシングOFFにしましょう。OFFの方が印刷時キレイに印刷されます。

ブラシの編集

ブラシパネル

ブラシパネルで、ブラシを新しく追加/既存ブラシの設定を変更することが可能だ。

burasi

ブラシパネルの6個のボタンは、左から[編集(追加)]、[読み込み(画像)]、[読み込み(線画設定)]、[グループ作成]、[ブラシコピー]、[ブラシ削除]となっています。

ブラシ一覧(上の画像)から、変更したいブラシをダブルクリックするとブラシ編集画面(下の画像)が出てきます。

鉛筆ブラシ

ブラシサイズの初期化

ブラシコントロールのパネルでブラシサイズを変更したあと、ブラシプレビューの描画の筆跡をクリックすると初期設定に戻す事ができます。ブラコン ブラシ

ブラシ編集パネル

ブラシ編集のパネルでブラシツールの設定ができます。ペンタブレットの筆圧もこの画面(パネル)で編集できます。

ブラシ編集

①ブラシプレビュー

設定したブラシの筆跡(ストローク)を表示してます。

②ブラシの名前

現状設定しているブラシの名称を変更できます。

③ブラシタイプ

現状設定しているブラシの筆先を変更します(筆や鉛筆に変更するイメージ)

④筆幅

現状設定しているブラシの筆幅を変更できます。

⑤最小幅

設定したブラシの筆跡(ストローク)の最も細い部分の太さを変更できます。

⑥筆圧サイズ

ペンタブレット使用時の筆圧を筆跡(ストローク)に反映するか、しないかを設定できます。

⑦筆圧不透明度

ペンタブレットの筆圧で筆跡(ストローク)の不透明度が変化するように設定できます。

ブラシ編集パネルオプション

各々に設定されている共通の設定項目のほかに、水彩タイプとぼかしタイプは、各々の設定がオプションとして追加されています。

水彩

水彩、混ざりやすさ(上)

色を重ねて塗った際、色の混ざりやすさを設定できます。

水彩、色補充(下)

色を重ねて塗った際、色の発色さを設定できます。

ぼかし

ぼかしの強さ

オプションの数値を大きくすればするほど、描画部分をぼかす。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長い記事内容にお付き合い頂き、ありがとうございます。

ブラシツールをマスターする事によって、無限の道具(鉛筆や筆等)を選べるのと同様の環境になります。

用途・作風に合わせて、自分が使いやすい・作りたい物を設定していきましょう。

スポンサード・リンク

シェア!ヨロシック!

コメントを残す