FireAlpacaの基本操作③:ツールパネルとブラシパネルの解説

ecuador-andes

こんにちは、こんばんはアルパカーンです

この記事では多様なツールが格納されている[ツール]パネル。ブラシサイズや不透明度の変更を操作できる[ブラシコントロール]パネルについて理解しましょう。

水彩画、えんぴつ、エアブラシで描いたような絵を作るのに大切な操作方法なので、がんばって覚えましょう。
※各パネルの画像は見やすいように、大きさ、位置を変更しています。
Verや個々の設定で、位置や見た目が違う場合があるので注意してください。

ツールパネル

下の画像の[ツール]パネルは絵筆の役割がある[ブラシ]ツールや、消しゴムの役割がある[消しゴム]ツール、グラデーションを簡単に作成できる[グラデーション]ツール等があります。

ツール

各ツールの詳細はこちらのページから確認しましょう。

 

ブラシ系のパネル

ここからは[ブラシ]ツールや[消しゴム]ツール、[選択]ツールを設定するパネルを紹介する。活用して、油絵~水彩画や自分オリジナルの画風を表現できる様にしよう。

ツールの基本操作や詳細はこちらのページから確認しましょう。

ブラシプレビューパネル

現在使用しているブラシの状態を表示(プレビュー)するパネル。
選んだブラシの筆先と、ブラシストローク…実際に描くとどうなるかを確認することができます。ブラシサイズや不透明度を変更するとプレビューも変わっていきます。

ブラシ

ブラシコントロールパネル

先ほどのブラシプレビューパネルに書かれていた、ブラシサイズや不透明度を変更するパネルです。上がブラシサイズ、下が不透明度の変更を行えます。

ブラコン

ブラシパネル

FireAlpacaは[ペン]、[鉛筆]、[エアブラシ]、[水彩]等のブラシが用意されています。
自分画風にあったオリジナルの物はブラシの追加で記録できます。

ブラ

ブラシの追加方法はこちらのページから確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アナログの場合だと膨大な道具/費用が必要な事も、
FireAlpacaだとコンパクト/無料でできます。

エアブラシや水彩画の道具は管理が大変で、梅雨の時期などは道具が凄く傷んでしまうんですよね。

これを機会に新しい表現にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

スポンサード・リンク

シェア!ヨロシック!

コメントを残す