FireAlpacaの基本操作④:カラーパネルで好きな色を作成する方法

ダウンロード

こんにちは、こんばんはアルパカーンです

この記事ではカラーパネルで色の調整/作成の方法を理解しましょう。

どんなに線画が綺麗でも色が適当だと、評価される作品にはなりません。
色調がきれいだと、油絵や水彩画など表現の幅が広がるので頑張っておぼえましょう。

カラーパネル

画像の様なバー(画像の④)で色の選択をして、中央の黒(左下)~赤(右上)のエリアで色の明度(明るさ)や彩度(鮮やかさ)を設定する(画像の⑤)。

作成した色は左上の前景色に表示されます。前景色の下にはRGB値(画像の③)を数値入力できる所があるので、作りたい色の数値を覚えていたら便利です。

カラーパネル

前景色と背景色について

前景色(画像の①)と背景色(画像の②)はクリックすると交互に入れ替わります。

カラーパネルで作成した色は前景色に反映されて、ブラシで塗ったときの色になります。

グラデーションツールでグラデーションを作るときは、前景色と背景色で色を指定することができます。

RGBの補足

RGBとは色を表現する方法の1つです。

Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の頭文字からきています。
赤緑青の三色を組み合わせて全ての色がつくれます。

この表現はPC画面などに使われている技術/表現と同じです。
※RGBの数値を255(最大値)にすると白、0(最小値)にすると黒になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?個人的には、学生時代の図工/美術の絵の具を使うのを思い出しながら、色を作っていってます。

操作に慣れて、自分の使いたい色を瞬時に作れるようにしたいですね。

スポンサード・リンク

シェア!ヨロシック!

コメントを残す