FireAlpacaの基本操作⑥:グリッド表示と透明背景の解説

800px-Unshorn_alpaca_grazing

こんにちは、こんばんはアルパカーンです

この記事ではグリッド表示/透明背景の方法を理解しましょう。

グリッド表示/透明背景は、構図/色の塗り忘れのチェックを行うのにとても便利です。
これらの機能を駆使して、よりスムーズに作業環境を作っていきましょう。

グリッドの表示を活用する

[表示]→[グリッド]の順にクリックすると、キャンバス上にグリッドを表示できます。
図形/背景の作成/線画をする際の目安/バランス確認に役立ちます。

キャンバスを回転させるとグリッドも同じ角度で回転するため、キャンバスの傾きが把握しやすくなります。

グリッド線の表示例
無題

 

背景の透明化

[表示]→[透明背景]の順にクリックすると、描かれていない部分を透明な背景として表示することができます。

無題

透明な箇所=色が塗られていな場所です。
[透明背景]をクリックして、チェックを外すと背景は白色に戻ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分が作った作品のバランス、色の塗り忘れを確認する大切な作業工程です。

苦手な部分の改善、得意な部分の飛躍になるのでしっかり身につけていきましょう。

スポンサード・リンク

シェア!ヨロシック!

コメントを残す